歴代優勝チームsuccessive winners

YYコンテスト1 YYコンテスト2 YYコンテスト3 YYコンテスト4

YY CONTEST 2017年 優勝チーム

teamACT

創価大学 teamACT

1.解決したい社会課題

 私たちは認知症の与える社会的影響をなくしたいと考えています。具体的には認知症の与える当事者、家族、第3者への影響を問題視しています。
第一に当事者に与える影響です。認知症になってしまうと徐々に日常生活が送れなくなることにより大きな戸惑いを感じます。
第二に家族への影響です。認知症患者の介護に家族が要する一日あたりの時間、ならびに介護期間のいずれも他の介護を要する病気と比べ長くなっており、精神的な負担が大きいと言えます。
第三に第3者への影響です。認知症の症状によっておこる徘徊や窃盗による直接的影響、医療費や介護費によって税負担が大きくなる間接的影響があります。
そして現在、認知症の患者数は年々増加しており、2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われています。私たちは今後さらに深刻化するこの状況を変え、認知症の影響を受ける人を減らしていきたいと強く思っています。

2.理想とする社会像

高齢者が自分らしく、幸せに暮らせる社会。

3.現在試行中のアイデア、ビジネスプラン

私たちが提案するのは認知症予防アプリ『すもあ』です。
このアプリはキャラクターのすもあが会話を通して予防を提案してくれるものです。内容は運動・脳トレ・食事の3つが搭載されています。
具体的に運動ではウォーキングと体操、脳トレでは計算、漢字、オセロ、パズル、食事では、認知症予防に良い食事の提案、食生活のアドバイスを行うことができます。また、利用サポートも充実しており、音声で利用方法が分かるQ&A、紙媒体での説明書の送付を行います。
『すもあ』の特徴は2つあります。
1点目は会話を通してその人の状況に合わせた予防方法を提案することです。天候や利用者の好み、日常会話から利用者に合わせたものを上記の予防内容から提案します。
2点目に適切な頻度で予防を提案することです。利用者の利用頻度に合わせてプッシュ通知、アプリ内での予防の提案頻度を調節します。これらの2点から利用者はこのアプリを使うだけで自分に合った予防方法を行うことができ、予防が定着するためのサポートを受けることができます。

ソンリッサ

一般部門 ソンリッサ

1.解決したい社会課題

 現在、日本の一人暮らし高齢者のうち、4割は2~3日に1回以下、特に一人暮らし高齢者男性になると、6人に1人が月に2回以下しか会話をしていません。
孤独を感じていない場合と強い孤独を感じた場合では高齢者の死がはやまる確率は14%も上昇し、認知症にもなりやすくなります。
私達は在宅で繋がりを求めていながらも、身体的な理由により外出が出来ない、移動手段がない、地域の人間関係が希薄で繋がりがない、地域の人間関係が悪いなどの理由により、高齢者が抱える孤独感や寂しさという問題を解決します。

2.理想とする社会像

身体的、地域や都会の様々な理由により繋がりをもちたいのにもてない高齢者が孤独感や寂しさを抱えずに活き活きと笑顔で活動的になる社会。

3.現在試行中のアイデア、ビジネスプラン

私が活動している群馬県甘楽町の多様な趣味や価値観を持つ活動的なシニアと協力し、全国の話し相手がいない孤独な高齢者とマッチングしてビデオ通話を活用した顔の見える会話型見守りサービスを行います。
サービス提供者側のシニアの趣味や特技、興味のあることなどを分かりやすく可視化したwebページを用意し、孤独を抱える高齢者が自ら話してみたい人を選んでもらいます。
サービス提供者側のシニアには、空き家を活用したオフィスに集まってもらい、そこで受益者側の高齢者とビデオ通話を通して会話などを行ってもらいます。そして受益者の子ども世代に対しては、サービスの満足度や情報などを、メール報告し、利用料を受け取ります。
また、オフィスの一角を交流スペースやコワーキングスペースとしても活用し、高齢者の生きがい、居場所、役割、雇用を創出するとともに生産年齢世代も呼び込みます。

YY CONTEST 2016年 優勝チーム

teamACT

一般部門 Tabimart

◆Eighty Days株式会社は、2016年のYY Contestをきっかけに立ち上げた企業です。

 Eighty Daysは日本の少子高齢化や都市部への人口集中によって生じる地方の問題解決を観光で解決することを目指しています。
私たちのチームは日本、中国、アメリカ、フランス、イギリスと5つの異なる国籍を持つメンバーで構成されているため、事業を自分たちの強みが生かせるインバウンド観光に絞り込みました。
コンテスト参加中には鹿児島県長島町、千葉県佐原町にてテストマーケティングを行い外国人観光客を案内しました。長島町では中国、韓国、オーストラリア、インド、ハンガリー等、多国籍の参加者を迎えたツアーとなりました。島の透き通った海を眺めながら海岸沿いでランチをしたり、じゃがいも農家での農業体験や漁師の方との海釣り体験。地元の方と地元で取れた食材を使ったバーベキュー、暗闇で光る海のホタルを見るクルーズなどを体験してもらいました。長島の場合は、後継者がいても、バブル期を境に観光客の足取りが鈍くなり実家に戻って家業を継げないボートクルーズの方や人手不足で困っている農家さん等、観光で解決できる点が多かったため、今後も継続してツアーを行う予定です。
佐原町ではユネスコ登録となったお祭りと周辺の神社や酒蔵を見学するツアーを行いました。佐原もフィリピン、コロンビア、カナダ等の国から参加者があり、佐原の保存する江戸の町並みを楽しんでもらいました。佐原の場合は、少子化の煽りで伝統的なお祭りの将来的な継続に懸念があるとのことで、今後観光客も参加できるようなお祭り作りを地元の方と議論しています。
私たちがコンテストに参加させて頂き大きな気づきとなったのは、初めから問題の根本的な解決を完璧に行おうとしないことです。目の前に見えた小さな問題で良いので、少しずつ解決して行くことが重要です。1つ解決することで、「実はこんな問題もある」というように行動して初めてわかる問題がたくさん出てきます。
例えば長島では、子供達の学力が全国的にも平均以上である一方で、英語科目だけが平均を下回っていたそうです。島の子供達は外国人との接点もなく、英語に対する「何故学ぶのか」が薄れていたのかもしれません。そこでたまたま地元の子供達が外国人観光客と触れ合い、良い影響を受けたようで、地元のお母様たちは嬉しそうに「突然子供達が英語に興味を持ち始めた」と話していました。これもツアーを実行して初めてわかったことでした。
そのように、私たちの問題解決はまだまだ途中段階ですが、今後も地方と観光客の双方のためになるビジネスを継続させて行きたいと思っております。

YY CONTESTから生まれたYSBカンパニー

ユヌス博士の提唱する「7原則」にもとづき起業したケースと、既存の会社がYSBカンパニーに変更されたケースがあります。

Tabimart

Tabimart
人口が減少している地方へのカスタマイズツアーを提供するインバウンド。

ソンリッサ

ソンリッサ
ICTを活用し「シニアが支え合い笑顔が溢れる社会へ」。

株式会社ヒューマンアルバ

株式会社ヒューマンアルバ
依存症のない社会を目指し、本人の回復と家族を支援する。

サンキュウ株式会社

サンキュウ株式会社
自然との共生。環境に負荷の少ない多目的洗剤。

プラスコスメ

プラスコスメ
廃棄されている化粧品を画材として再利用、化粧品の環境意識を変えていく。

株式会社croppre

株式会社croppre
大学卒業者の失業率が60%を超えるアフリカのウガンダで、テクノロジーで若者の起業を促進する。

後援

九州大学のある福岡市はアジア初のソーシャル・ビジネス・シティで、多くの起業を生み出しています。

  • 福岡市
  • 福岡地域戦略推進協議会

実行委員会

YY CONTESTはユヌス・ソーシャル・ビジネスを応援する企業・個人による実行委員会方式でなりたっています。

  • AVERGENCE
  • ボーダレスジャパン
  • NTT西日本
  • 株式会社サンパワー
  • ソフトバンク
  • メディアヴァーグ
  • 明日カレッジ
  • 2.5
  • 一般社団法人GrowAsPeople

協力

世界につながるユヌス・ソーシャル・ビジネス・ネットワーク。YY CONTESTはアジア太平洋規模で実施しています。

  • YunusCenterAIT
  • Myharapan
  • NCU YSBC
  • Latrobe Univercity
  • SOCIAL BUSINESS ACADEMIA NETWORK JAPAN
  • grameencreativelab
  • YunusCentre
  • socialbusinesspedia
  • YunusSocialbusiness
  • yyfoundation